フィンランド旅行、出張、観光には便利!フィンランド観光情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フィンランド旅行、出張、観光には便利!

フィンランドでの観光、宿泊、レストラン、移動、治安、

インターネット事情などの情報を発信していきます。

 

フィンランド インターネット事情

<無料WiFiの天国>

IT産業大国フィンランドはネットインフラが整っていて

世界で初めてフィンランドに住む全国民は

1Mbpsの速度でネットを接続する権利があると国が法律を作りました。

世界で一番売れている携帯のNOKIAはフィンランドの会社。

確かに、フィンランドはどこでもフリーWiFi環境が整っていて

長距離バスや、長距離列車内でもWiFiを利用することができます。

特に集中しているエリアは首都のヘルシンキ。

空港ではパスワードなしで利用可能。

4G/LTE対応のWiFiルーターは

ほぼ4Gで接続していて速度も速く問題なし。

現地で900円以下で購入できる

“Rajaton Prepaid”のSIMカードは3G・4G対応。

購入時に7ユーロはチャージ済みなので

電話をしなければ1日0.89ユーロが

引かれていき、4G/LTEが1週間使い放題。

物価の高い北欧なのにSIMカードは

激安なので買ってみてもよかったかなぁと思いました。

私のようにモバイルとパソコンを

複数台同時に利用する人はWi-Fiルーターレンタルの方がいいかも?

なので、フィンランドでの旅行、出張、観光には

事前にフィンランドで使えるWifiルーターを持っていくのが便利です。

フィンランド観光中でもWifiルーターを使えば快適にインターネットができます。

そしてフィンランドで使えるWifiルーターをレンタルしていくのが一番安くすみそうです。

フィンランドのおススメ観光スポット

<のんびり楽しむフィンランド>

ムーミンワールド<大人も楽しめるムーミン谷>

ナーンタリという小さい島にあるムーミンワールドは

毎年6~8月の2ヶ月限定のテーマパーク。

ヘルシンキからオンニバス社のバスで2時間。

直行で行くことが出来ます。

事前にネット購入できて早めに購入すれば

割安でゲットできます。格安なのに車内は無料WiFi付き。

メールで送られてくるチケットを当日運転手に見せるだけです。

島全体がムーミン谷のテーマパークになっている。

ムーミンワールドに入ると、沢山のムーミンが。

リアルみぃやイケメンすぎるスナフキンもいます。

キャラクターの家もアニメそのままで内観がとても可愛い。

家族連れが多く、キャラクターとの写真撮影で長蛇の列が出来ていました。

中には郵便局もあり、ここから郵便物を出すと

可愛いムーミンの消印入りで届きます。

日本にも2019年、埼玉に出来るムーミンの村ができるのが楽しみです。

 

サンタクロース村<365日いつでも待ってるサンタクロース>

ロバ二エミにあるサンタクロース村は

1年中サンタクロースがいるからいつ行っても会えます。

森に囲まれた小さな村には数人のサンタがいます。

その中の数名は日本語が話せるそうで、直接お話が出来ます。

絵に描いたような本物のサンタクロースに会えると

ここも家族連れが多く子供がいたら

連れてきてあげたいなぁと思った場所。

ここからも手紙を出すとサンタの消印で届けることが出来

クリスマスシーズンに届くように送ることも可能なので

子供に親からサプライズで送るのも夢があっていいなぁ。

サンタクロース村の中には北極圏があり

自由自在に行き来することが出来るので、これもいい思い出に。

冬の時期以外じゃないと雪が積もっていないので

おススメは冬の雪が積もっている時期に。

ロバニミエはオーロラでも有名な場所。

今回は時期が合わず見れませんでした。

ヘルシンキからは“サンタクロース・エクスプレス”の

寝台列車で12時間かけて行きました。もちろんWi-Fiフリー。

車内は快適でしたが、子供連れなら1時間半で着く飛行機がいいかも。

スオメンリンナの要塞<ヘルシンキの世界遺産>

ヘルシンキからフェリーで穏やかな海を進むこと15分。

6つのスオメンリンナ島の上にある要塞は橋で結ばれていています。

100年間ロシアに占領されフィンランドが取り戻した

元フィンランド軍の要塞で攻防戦の歴史舞台となっていたスオメンリンナ島。

高台から見ると城壁が星型のようになっていて

攻めてきた敵に対し、死角が出来ないように造られた星型要塞。

砲台に潜水艦が要塞時代のまま残されていていますが

今は観光客や地元も人に人気なピクニックスポット。

城内にはお茶室もあり、かなり観光地化されています。

日本とフィンランドの交流のために作られたのだそう。

 

フィンランドでの宿泊は<Glo Hotel Kluuvi>

ラックスかスイートルームがおススメ<フィンランド発祥のサウナが無料>

フィンランドの可愛らしい建物ではなく

近代的で超オシャレなデザインホテル。

ホテルも高いフィンランドですが

グロホテルは割安なのに清潔感もあり立地が最高なホテル。

治安のいいフィンランドなので

多少駅から離れていてもいいと思っていましたが

こんなコスパのいいホテルがあったのですぐに予約しました。

1人ですがスパを利用したかったのでデラックスルームにしました。

ダブルベッドとテレビ、バスタブ付きでトイレとお風呂は別々。

お風呂と洗面所も広くて使いやすい。

館内は全て無料WiFiで最上階にはスパがあります。

ラックスとスイートルームに泊まれば無料でスパと

フィンランド発祥のサウナが無料で利用できます。

デパートやレストラン、スーパーやトラム乗り場は

全て徒歩圏内なので女性だけでも泊まりやすい。

日本人宿泊者も多く評価も高いので安心して泊まれました。

朝食ブッフエは種類豊富なパンがおいしかった。

 

フィンランドでおすすめレストランなら<Ravintola Saaga>

サーメ民族のワイルドな食事をオシャレにアレンジしたレストラン。

フィンランドと言えばトナカイ!

トナカイ以外にも牛・豚・鶏はもちろん、熊・羊・ライチョウまで

なかなか口に出来ない肉料理が食べられます。

海の幸が豊富な北欧ですが肉食には

たまらないメニューが盛りだくさんのレヴィントラ サーガ。

臭みもなく柔らかく獣の感じは全くありません。

ボリュームもあり一人では食べきれないのでグループで行くのがおすすめ。

どれもククサという木製のラップランドの伝統食器で可愛い。

フィンランドのお土産にも人気なのだそう。

値段は高めですが、フィンランドの物価だと相応ですかね。

ヘルシンキ中央駅からは歩いて20分ほど。

少し離れているので歩けなくはないですが

タクシーで10分弱で行くこともできます。

 

フィンランドでの移動は?<列車は乗り放題でお得に>

列車の乗り放題チケットには

インターレイルパスとユーレイルパスがあります。

ヨーロッパ周遊できるチケットなのでフィンランド以外でも利用可能。

インターレイルパスはヨーロッパのインターレイルパスが

利用できる30か国に住んでいる、

または6か月以上在住していて証明が出来る人のみが利用できるチケット。

旅行者は購入できません。

ユーレイルパスはヨーロッパ周辺の28か国で列車が乗り放題になるチケット。

コースがあり、国内のみや近隣諸国4か国のみのチケットなど様々。

ホテル宿泊や美術館の割引、フェリーが無料になったりと特典もあります。

12~25歳までにフィンランドに住むとユースパスが購入でき

ユース運賃でヨーロッパが周遊出来たり

美術館が割引になったりするので留学やワーホリする人は若いうちに。

 

フィンランドでの治安は?<世界で最も安全な国一位のフィンランド>

一人でも安心して旅行に行ける国フィンランドは

常に治安のいい国世界ランキングでトップ。

年々軽犯罪は増えてきているそうで、夏は他国から窃盗団が集まり

スリやひったくりが急増するので気の緩み過ぎには注意ですね。

首都のヘルシンキはこじんまりとした街で、1人でも歩きやすく

観光客慣れしているのでフィンランドは外国人旅行者に親切な国です。

ぼったくろうとしてくる店員さんやタクシーもなく

表示価格通りの請求なので安心感はありました。

ただ元々の値段は高めです。

寒すぎてなのか街ではホームレスを見かけることもなく

移民者も少ないので日本のような治安の良さ。

フィンランドには白夜があり、夏の間は太陽が沈まないので

1日中明るく夜まで出かけることができます。

この時期に軽犯罪が増えるので気を付けましょう。

 

●まとめ 感想的な<子育てしやすい国>

フィンランドは治安以外にも学力も世界1位。

授業量も少なくテストも無く、生徒に順位をつけず塾や宿題もない。

学力が低い子は留年になりますが、

留年をマイナスととらえず分からないまま

進級した方が恥ずかしいと思っているそうです。

フィンランドの独自の教育方法で、のびのび大らかに自由な授業スタイル。

他国と違うところは読書の量。1日1時間以上は読書の時間があり読書量でも世界一。

小学校から大学までの授業料が無料。さらに交通費・給食費・文房具代もタダ。

教育に手厚く、家庭の収入や環境に関係なく

誰でも学校に通える素晴らしい教育環境。

国内は完璧なバリアフリーなのでベビーカー連れの人は

公共交通機関すべてが交通費が無料になり

電車内にもベビーカー置き場があったり子育てしやすい環境ですよね。

フィンランドでは育児を率先する父親が多く、

父親も育児休暇を取ることが出来、家族の時間を大切にしているのだそう。

世界一揃いのフィンランドは旅行より移住向きかも?!

 

フィンランドでのWIFIルーターレンタルならジャパエモでどうぞ!
☆海外wifiルーターレンタルならジャパエモ!
http://www.kaigai-wifi.jp/

☆海外SIMフリースマホの販売、購入ならジャパエモ!
http://www.kaigai-keitai.jp/

☆海外プリペイド SIMカードの販売、購入ならジャパエモ!
http://www.intense.co.jp/

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

RSS 海外情報blog

コメントを残す

*