韓国でAIS Sim2Fly SimとWIFIルーターでの使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

韓国でAIS Sim2Fly SimとWIFIルーターでLTE通信!

アジアで周遊できるプリペイドSIMカード

AIS Sim2Fly Simカード。

いわゆるローミングSIMなのですが

このアジアで周遊できるプリペイドSIMカード

AIS Sim2Fly Simカードは韓国・台湾・シンガポール

インド・日本・ラオス・香港・マレーシアで使える周遊SIMカードです。

 

●韓国、ソウルでAIS Sim2Fly Simカードの使用

先日このAIS Sim2Fly Simカードと

LTE対応の海外SIMフリーWIFIルーターで

韓国で使用して頂いた方から、ご丁寧な使用レビューを頂きました。

以下、AIS Sim2Fly SimカードとWIFIルーターのレビューをご紹介します。

 


12時前に金浦空港到着。3G(W-CDMA)のシムを入れたスマホと

LTEのルーター(AIS Sim2Fly Simカード)両方の電源を投入。

3GスマホはAPNが2種類あり選択が必要だったが

入国審査に並んでいる間(5分程度)に、3Gスマホ LTEルータとも全く問題なく開通。

地下鉄で乙支路4街のホテルに移動。移動中確認してみたところ、

3GはHSPA+で接続、ルーターはLTEで接続されており、通信状態もストレスなし。

チェックイン後、明洞の繁華街で 昼食ー街歩きーショッピング。

その間3Gとルーターを時々切り替えて地図の閲覧やWeb検索を行ったが、

両者にあまり差異は感じられない。ホテル帰着後、スピードテストを実施。

lte1

翌日

世界遺産の水原華城に行く。

ソウル市内から地下鉄で水原まで、そこから路線バスで華城に向かう。

道中、華城についてWebでの調査や地図を確認するも、

体感的には両者に大きな差異はない。

lte4

到着後、園内を散策(暑さとアップダウンで結構大変)し、

その後有名焼肉店(水原はカルビ料理の発祥の地)で食事。

lte6

k

この間も時々内蔵のシム(3G)と

LTEwifiルーター(AIS Sim2Fly Sim)を

切り替えてみるも、体感的にはあまり差異なし。

 

さらに翌日

水原華城以降、帰国する日まではソウル市内が

中心なので、WIFIルーターは使わずに3Gスマホのみで過ごす。

その間 特に通信関連での問題は発生せず。

韓国の3GはCDMA2000からスタートしたと記憶しているので、

W-CDMAにはマイナーなイメージを持っていたが結果として全く問題なかった。

帰国は夕方のフライトだったので、金浦空港の出発ロビーで

最終のスピードテストを実施。

lte10

3Gのほうが速かったが、もちろん体感的に感じられるレベルではなかった。

 

まとめ

韓国はLTE先進国という事と、初めての訪韓なので、2台持ちである意味安心感はありました。

結果としては全般的にLTEの方がスループットは早かったので、

複数台の接続や業務用PC等で大量のデータを送受する場合はLTEルーターがBESTでしょう。

一方、W-CDMAのレスポンスは悪くなく、地下鉄含めてW-CDMAでも十分だったと思います。

酷暑の中を公共交通機関で移動しながらの観光では、スマホ+内蔵シムに分があるかと思いました。


このAIS Sim2Fly Simカードは

8日間3GBのデータ通信が使えます。

主にデータ通信する方にはおススメですが

チャージをすれば電話の発着信も可能です。

8日間なので旅行や出張におススメです。

AIS Sim2Fly Simカードは

プリペイドSIMカードなので基本料金など

一切かからずお手軽に使えます!

韓国に行く時は是非使ってみてください!

 

AIS Sim2Fly Simカードの販売・購入はコチラ!
海外携帯販売のジャパエモ

http://www.kaigai-keitai.jp/

海外Wi-Fiレンタルのジャパエモ

http://www.kaigai-wifi.jp/

—————————————
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

RSS 海外情報blog

コメントを残す

*