ヨーロッパ周遊で便利に使えるデータ通信プリペイドSimカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヨーロッパでのSim事情

2017年頃からテロや犯罪などの影響により、ヨーロッパ各国で外国人旅行者がプリペイドSimをお店などで気軽に買えなくなってきています。

例えばドイツの場合、2017年7月1日からプリペイドSIMの購入時に本人IDの確認に加え、ドイツでの住所が必要になるなど、法律で規制されています。

実際のところどうなのか?

上記に続きドイツの場合、Deutsche Telekom、Vodafone、O2などの大手キャリア、その他各社のMVNO事業者のプリペイドSimがありますが、仮にそれらを購入出来たとしても、アクティベート作業(開通作業、有効化作業ともいう)が必要となってきます。

また、アクティベートの際には電子滞在許可証やパスポートが必要になってきたりと、かなり厳格化されています。
初心者ではまず難しい上に、英語やドイツ語がある程度要求されるので、ハードルは高いと思われます。

※実際アクティベートを店員さんがやってくれた、ホテルの住所でOKだった、パスポートだけで問題なかったなどの情報も出てきますが、実際に行った時にこれらがうまくいくかどうかはわからないので、リスクが高いです。

では、一体どうすれば良いのか?

行った先のヨーロッパの国々でプリペイドSimカードを購入するのではなく、日本で予め購入して持っていけば良いのです!
(飛行機の便によっては、朝早すぎたり夜遅いと、お店自体がやっていません。)

■ヨーロッパ周遊 アジア周遊 プリペイド SIMカード!3G/4Gデータ通信【15日間4GBデータ定額】AIS Sim2Fly Sim 899B版

Sim2Fly 899

この商品を予め日本で買って持っていけば、プリペイドSimを販売している店を探したり、購入やアクティベートで苦労することはありません!

対応している国やSimカード自体の詳細をもっと知りたいと言う方は、是非とも上記リンク先から商品をご覧下さいませ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

RSS 海外情報blog

コメントを残す

*